アトリエ・アルドのワークショップ のご案内

ワークショップ:歴史的製本のモデル作り

第1回 「カロリング朝時代の製本」
a0125575_13233877.jpg

a0125575_1324365.jpg

4月30日(土)13:00~18:00
受講費 ¥6,000 材料費 ¥2,000程度 

お問い合わせ:fichi*axel.ocn.ne.jp(お手数ですが、*を@に変えてください)

8世紀〜10世紀頃の中世のヨーロッパ、フランク王国で生まれた製本のモデル作りを通して、中世の製本方法を体験するワークショップです。
板の表紙に穴を開けて綴じの支持体(麻紐)を通し、麻糸でかがり、革切れの上から編みつける花布を制作します。(時間があれば2種の花布をやります)
a0125575_1348316.jpg


ご用意いただく道具)
かがり針(アトリエ販売あり)、曲がり針(アトリエ販売あり)、キリ(板への穴開け)、金属製のサシ(30cm)、筆記用具、三角定規、電動ドリル(木工用)*
電動ドリルの先端ビットは、木工用の1mm(1.5mm)と、2mmの二種をご用意ください。
追加で、彫刻刀(1,5mmの溝が彫れるもの)をご用意ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
以降の「歴史的製本」のプログラムは次のような内容を予定しています。
「ロマネスク時代(〜ゴシック時代)の製本」、「ルネサンスの製本」、「コプト製本」、「ビザンチン製本」

by atelieralde | 2016-03-13 13:31 | 製本Workshop

『マッピー』用ボーダー

<< カロリング製本(続き) 4月からのルリユール教室のお知らせ >>