カテゴリ:Les fragments de M( 6 )

『マッピー』用ボーダー

Gallery ときの忘れもの

a0125575_20175960.jpg
お知らせが遅くなってしまいましたが、2014年の11月より、青山のギャラリー「ときの忘れもの」さんのBlog で作品紹介をしていただいています。版画、写真、現代美術などを扱われているギャラリーです。
ブログでは「ルリユールの歴史」も連載されています。お時間あればのぞいてみてください。
http://blog.livedoor.jp/tokinowasuremono/archives/cat_50035972.html

by atelieralde | 2015-02-16 20:14 | Les fragments de M

『マッピー』用ボーダー

Edition de luxe テクスト・挿画・ルリユールの融合が生む書物の美」 終了いたしました。

11月28日から12月1日まで、日本橋丸善3階、ワールド・アンティーク・ブック・プラザにて開催しておりました、第三回フラグムルリユールサロン「Edition de luxe テクスト・挿画・ルリユールの融合が生む書物の美」が終了いたしました。
寒さも吹き飛ぶほどの晴天に恵まれた4日間、多くの方にご来場いただきありがとうございました。
12月1日のレクチャーでは、林洋子先生になぜご自身がフジタ研究を始めるようになったのかをプロローグとして、生まれるべくして生まれた、美しいフジタの挿画による「livre illustré」のお話をしていただきました。
サロンではWABPご贔屓の方もお越しいただき、フラグムの輪も徐々に広がっていきそうな気がいたしました。
2014年からは、少し形態を変えたフラグムサロンを考えております。
次回、またみなさまとお会いできることを楽しみにしております。
a0125575_2214926.jpg
a0125575_2213831.jpg

by atelieralde | 2013-12-03 22:02 | Les fragments de M

『マッピー』用ボーダー

フラグムルリユールサロン

いよいよ明日、11月28日からフラグムルリユールサロン「Edition de luxe テクスト・挿画・ルリユールの融合が生む書物の美」が始まります。
今回のサロンは平日を含め、4日間の開催となっております。
フラグムのルリユール作品はもちろんのこと、ワールド・アンティーク・ブック・プラザの古書とともに、皆様のお越しをお待ちしております。

a0125575_16435962.jpg

by atelieralde | 2013-11-27 16:44 | Les fragments de M

『マッピー』用ボーダー

Edition de luxe テクスト・挿画・ルリユールの融合が生む書物の美

今回のサロンのテーマは、Edition de luxe (豪華版の挿絵本)です。
ワールド・アンティーク・ブック・プラザのボナール、ローランサン、マチス、ドラン、シャガールによる挿画入りの挿絵本とともに、ルリユールを展示いたします。
a0125575_1149569.jpg
藤田嗣治挿絵「日本昔噺」











また、林 洋子氏による講演「藤田嗣治と1920年代のパリの書物文化」では、藤田嗣治が描いた挿絵本と、愛書文化最盛期のパリの書物文化についてお話しいただきます。
プラザの今月の特集「パリと書物文化」と合わせて、挿絵本の魅力をお楽しみください。
講演会は予約制となっておりますので、お早めにお申し込みください。
お問い合わせ・参加お申し込みは info@frgm-reliure.jpまで
a0125575_11592971.jpg

by atelieralde | 2013-11-14 11:54 | Les fragments de M

『マッピー』用ボーダー

レ・フラグマン・ドゥ・エム ルリユールサロン -書物への偏愛- 第三回

2013年冬のfrgmルリユールサロンが始まります。
新作展示のほか、ご蔵書のルリユールについてご相談を承ります。
素材の見本など手に取ってご覧いただけるこの機会に、是非お出かけください。

「Edition de luxe テクスト・挿画・ルリユールの融合が生む書物の美」
日時:2013年11月28日(木)〜12月1日(日)11時〜20時(最終日は18時まで)
場所:ワールド・アンティーク・ブック・プラザ 
丸善・日本橋店三階 東京メトロ日本橋駅B3出口直結

□お問い合わせ・ご相談はこちら
a0125575_18215220.jpg
第三回サロンレクチャー
「藤田嗣治の挿絵本と1920年代のパリの出版文化」
講師:林洋子(京都造形芸術大学芸術学部准教授)
日時:12月1日(日)15時30分〜17時(質疑応答30分)
参加費:1500円

「乳白色の下地」の裸婦で有名な藤田嗣治は、フランスで絵画のほかに50冊に及ぶ本の挿絵の仕事をしている。画家を目指して渡航したパリで、藤田は豪華・限定版の挿絵本と出会い、本の文化に魅せられ挿画を描くようになる。フランスと日本の往来の中で、生涯本の仕事を続け、晩年はフランスに永住した藤田の本の仕事はどのようなものであったか。
「藤田嗣治 本の仕事」の著者であり、「藤田嗣治と愛書都市パリ」の展覧会企画など、日仏出版文化の出会いを鮮やかに捉える研究で知られる林洋子先生にお話をうかがいます。
□ レクチャー参加ご希望の方はinfo@frgm-reliure.jpまで
お名前・ご連絡先(住所・電話番号)をご記入の上お申し込みください。

藤田嗣治による挿絵本の例
a0125575_18321251.jpg
「詩数篇」
La Belle Edition 1919











a0125575_1844056.jpg
「日本昔噺」
アベイユ・ドール社 1923

by atelieralde | 2013-11-10 17:46 | Les fragments de M

『マッピー』用ボーダー

Les Fragments de M 第2回ルリユール・サロンのお知らせ

レ・フラグマン・ドゥ・エム ルリユールサロン ー書物への偏愛ー
第二回 「出版人と読者の熱情」
日時:2013年6月22日(土)11時〜19時・ 23日(日)11時〜18時
場所:広尾YYZ
"http://frgm-reliure.jp/affiche_deuxieme_salon/#.UanB1OAzNZU"
a0125575_1942350.jpg

第二回ルリユールサロン 出版人と読者の熱情
2013年夏のfrgmルリユールサロンが始まります。 新作展示のほか、ご蔵書のルリユールについてご相談を承ります。 素材の見本など手に取ってご覧いただけるこの機会に、是非お出かけください。

サロンでは講演会も開催しています。どうぞおでかけください。
http://www.frgm-reliure.jp/deuxieme_salon_lecture/#.UanCMuAzNZU

a0125575_1992093.jpg


第二回サロンレクチャー「活版印刷前夜 ―江戸の書物と読者―」
橋口侯之介氏 誠心堂書店
6月15日(土) 15時〜16時30分(終了後17時30分まで懇談会)
定員30名(先着順)
参加費1500円(お飲物付き)

by atelieralde | 2013-06-01 19:10 | Les fragments de M

『マッピー』用ボーダー