カテゴリ:やんごとなき読者:未綴じ本( 3 )

『マッピー』用ボーダー

やんごとなき読者 : 製本工程

進行具合が前後してしまいましたが、最初に行う製本作業は、
地袋をカットして、断裁して、もとの本の表紙を本紙の折り帖に貼り込み、プレスします。
本の表紙を貼り合わせる工程は大体こんな風です。
a0125575_0212347.jpg
a0125575_0214580.jpg
a0125575_0295665.jpg

by ATELIERALDE | 2009-10-03 00:30 | やんごとなき読者:未綴じ本

『マッピー』用ボーダー

「やんごとなき」装幀とは?

「やんごとなき(読者)」の雰囲気をどう表現するのか、教室のみなさんずっと悩みながら作っております。表現が難しいです。なんとなく和風に傾いているのは「やんごとなき」という日本語にとらわれているからでしょう。生徒さんの作品から。
「やんごとなき花布?」って
a0125575_23501674.jpg

「やんごとない和紙を使った表紙」
a0125575_0372997.jpg

唐長の和紙を使用:胡粉がまぜてあるのか光沢感があり高級な雰囲気が醸し出されているよう・・

by ATELIERALDE | 2009-10-02 23:52 | やんごとなき読者:未綴じ本

『マッピー』用ボーダー

やんごとなき読者(未綴じ本)のルリユール(1)

アラン・ベネット著、白水社刊の「やんごとなき読者」を、出版社の御厚意により東京製本倶楽部を通していただくことができました。
(書誌情報)
アラン・ベネット著/市川 恵里訳 
やんごとなき読者
白水社2009

今年も教室では「やんごとなき読者」のルリユールを開始しています。

「未綴じ本」とは製本される前の本で、このような形をしています。
a0125575_430518.jpg

ハードカバーに製本された後に表紙に被せられるカバーと折り帖からなっていて、折り帖は地にミシン目が入っただけで切り離されていない状態のものです。
広げるとこんなふうです。

a0125575_4311274.jpg

通常は製本される際に本のノドはカットされ背部分で糊で接着されるので、このような折り帖の形で本を手に入れることはできません。つまり、折り帖を糸綴じして本の形にするという製本方法(ルリユール)は不可能なのですが、今回は製本に最適な形での本を提供してくださいました。手製本の本がないといつも嘆いているわたしたちにとって、未製本の本が手に入ることほど有り難いことはありません。市川さんと東京製本倶楽部の方々のご配慮に感謝!です。
教室でも数冊まとめていただき、みなさん各様の製本でルリユールを始めています。和紙で溝付き製本を構想している人、総革にトライする人などさまざまで、みんなの本が出来上がるのが今から大変楽しみです。同じ本をさまざまにルリユールして一堂に展示するということは、ルリユール教室を開いている私にとっても最高の楽しみの一つでわくわくしています。(続く)

by atelieralde | 2009-07-11 04:34 | やんごとなき読者:未綴じ本

『マッピー』用ボーダー