やんごとなき読者(未綴じ本)のルリユール(1)

アラン・ベネット著、白水社刊の「やんごとなき読者」を、出版社の御厚意により東京製本倶楽部を通していただくことができました。
(書誌情報)
アラン・ベネット著/市川 恵里訳 
やんごとなき読者
白水社2009

今年も教室では「やんごとなき読者」のルリユールを開始しています。

「未綴じ本」とは製本される前の本で、このような形をしています。
a0125575_430518.jpg

ハードカバーに製本された後に表紙に被せられるカバーと折り帖からなっていて、折り帖は地にミシン目が入っただけで切り離されていない状態のものです。
広げるとこんなふうです。

a0125575_4311274.jpg

通常は製本される際に本のノドはカットされ背部分で糊で接着されるので、このような折り帖の形で本を手に入れることはできません。つまり、折り帖を糸綴じして本の形にするという製本方法(ルリユール)は不可能なのですが、今回は製本に最適な形での本を提供してくださいました。手製本の本がないといつも嘆いているわたしたちにとって、未製本の本が手に入ることほど有り難いことはありません。市川さんと東京製本倶楽部の方々のご配慮に感謝!です。
教室でも数冊まとめていただき、みなさん各様の製本でルリユールを始めています。和紙で溝付き製本を構想している人、総革にトライする人などさまざまで、みんなの本が出来上がるのが今から大変楽しみです。同じ本をさまざまにルリユールして一堂に展示するということは、ルリユール教室を開いている私にとっても最高の楽しみの一つでわくわくしています。(続く)

# by atelieralde | 2009-07-11 04:34 | やんごとなき読者:未綴じ本

『マッピー』用ボーダー

一折の本のルリユール

例えばこんな本があったなら、どのようにルリユールできるだろう。
a0125575_3262197.jpg

この本は95ページで、つまり24枚の紙葉が二つに折られて、カバーと一緒にホッチキスで留められただけの簡素なものだ。こういうタイプの本はまああまり一般的ではないけれど、オリジナルの形を活かしてルリユールするとしたらこんなルリユールもある。これはモデルとして制作したもので白紙ですが。

a0125575_3241091.jpg

これは「一折の本の製本」として、アトリエ・アルドのLessonの中の One-day bookbindingでも取り上げているのでそちらもご参照ください。
http://www.atalde.jp/lesson.html
このタイプのルリユールのために印刷された紙を一度折っただけの本も作ってみたのでご紹介します。
Arthur Rimbau : mauvais sang
アルチュール・ランボー「汚れた血」
「地獄の季節」より抜粋

a0125575_329950.jpg

奥付です。
a0125575_3302467.jpg


-reliure à cahier unique
- bookbinding of one quire
「一折の製本」は2011年のプログラムでも取り上げます。

# by atelieralde | 2009-07-02 15:14 | 製本Workshop

『マッピー』用ボーダー