カロリング製本(続き)

a0125575_10524545.jpg
©Bibliothèque nationale de France

製紙方法が知られていない中世において、本の「紙」にはパーチメント(獣皮紙)が用いられ、表紙には板が使われていました。また、それまでの地中世界を中心としたラテン世界で行われていた「リンク・ステッチ」に代わり、本を綴じ合わせるのに「支持体」が用いられるようになり、本はより頑丈になりました。以来、この支持体を用いる製本方法が中世を通して主流となり、改良されつつ現在まで続く製本方法(綴じ付け製本)として引き継がれています。
カロリング朝時代には、キリスト教が社会基盤となり、ラテン語の読み書きを始めとする古典文化の復興が行われ、各地の修道院において多くの写本が作られるようになりました。カロリング小文字が生まれたのもこの時代のことです。
http://expositions.bnf.fr/carolingiens/it/index.htm

a0125575_10535066.jpg
©Bibliothèque nationale de France

# by atelieralde | 2016-03-26 11:05

『マッピー』用ボーダー

アトリエ・アルドのワークショップ のご案内

ワークショップ:歴史的製本のモデル作り

第1回 「カロリング朝時代の製本」
a0125575_13233877.jpg

a0125575_1324365.jpg

4月30日(土)13:00~18:00
受講費 ¥6,000 材料費 ¥2,000程度 

お問い合わせ:fichi*axel.ocn.ne.jp(お手数ですが、*を@に変えてください)

8世紀〜10世紀頃の中世のヨーロッパ、フランク王国で生まれた製本のモデル作りを通して、中世の製本方法を体験するワークショップです。
板の表紙に穴を開けて綴じの支持体(麻紐)を通し、麻糸でかがり、革切れの上から編みつける花布を制作します。(時間があれば2種の花布をやります)
a0125575_1348316.jpg


ご用意いただく道具)
かがり針(アトリエ販売あり)、曲がり針(アトリエ販売あり)、キリ(板への穴開け)、金属製のサシ(30cm)、筆記用具、三角定規、電動ドリル(木工用)*
電動ドリルの先端ビットは、木工用の1mm(1.5mm)と、2mmの二種をご用意ください。
追加で、彫刻刀(1,5mmの溝が彫れるもの)をご用意ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
以降の「歴史的製本」のプログラムは次のような内容を予定しています。
「ロマネスク時代(〜ゴシック時代)の製本」、「ルネサンスの製本」、「コプト製本」、「ビザンチン製本」

# by atelieralde | 2016-03-13 13:31 | 製本Workshop

『マッピー』用ボーダー

4月からのルリユール教室のお知らせ

今年は、数名の生徒さんが「我が輩は猫である」のルリユールに取り組んでいます。厚い本なのでデザインをどうするか工夫が必要です。
a0125575_1658936.jpg


教室は、今まで通りの曜日と時間に開講しております。
月2回の水曜日、土曜日
13:30~17:30pm
内容)
・ルリユール基礎講座
 基本的な本の作りを理解するために、文庫本の改装、ハードカバーの糸綴じのノートを2冊作ります。ご希望により、ロング・ステッチ製本、フランス装、リンプ・ヴェラム装なども受講していただけます。

・ルリユール講座
 ブラデル製本
 革装丁のルリユール
 製本するための本をご用意ください。

受講希望の方は随時見学を受け付けておりますのでお問い合わせください。
mail:fichi*axel.ocn.ne.jp(お手数ですが、*を@に変えてください

# by atelieralde | 2016-03-06 16:59 | 製本教室

『マッピー』用ボーダー

「アルド遺伝子」展

「アルド遺伝子」展が終了し、2ヶ月遅れでやっと出品した作品の撮影をしました。
アトリエ・アルドでは生徒さんの作品を含む5点を出品しました。
a0125575_23432097.jpg
a0125575_23424813.jpg

夏中かかって制作したので、これらを見るとこの夏の異常な暑さが思い出されます。
寒くなった今、作品は各自の手に戻りました。

# by atelieralde | 2015-11-27 23:46 | 催し

『マッピー』用ボーダー

「書架彷徨」展

a0125575_21335172.jpg

書物をテーマにした展覧会のお知らせです。ルリユールの新作もほんの少しですが出品いたします。どうぞお立ち寄りください。
a0125575_21354421.jpg

ARTS POUR BIBLIOPHILES
「書架彷徨」
2015年10月10日(土)〜 31日(土)午後1時〜7時 木曜休廊...
「書物」をテーマに、鉛筆画、銅版画、油彩、コラージュ、オブジェ、蔵書票、ルリユール等を展示します
galerie L’oeil (ギャラリーロイユ)
http://www.g-loeil.com
神戸市中央区北長狭通3-2-10キダビル2F
☎078-595-9070
Email: info@g-loeil.com

# by atelieralde | 2015-10-06 19:00 | 催し

『マッピー』用ボーダー