エチオピア製本 Ethiopian binding

コプト製本と見た目が似た製本に「エチオピア製本」があります。表紙ボードは板で、背部分のかがりはリンクステッチで、この2つの製本の外観はとても似ています。
a0125575_164963.jpg

2つの製本の構造についてのご質問がありましたのでコプト製本とエチオピアン製本のかがりについてまとめてみます。
a0125575_173272.jpg

エチオピア製本(折り帖の内側)
a0125575_17492.jpg

コプト製本(折り帖の内側)
どちらも曲がり針を用いてかがりますが、かがり方は違っていることがわかります。
エチオピア製本は、1つのセクションを2本の針を用いてかがります。この例だと2つのセクションがあるので針は4本用います。それに対し、コプト製本の方は、1本の針を用い、一方向へかがっていきます。

a0125575_181072.jpg

参考) ロング・ステッチ製本(折り帖の内側)
これは「文書綴じ」という上記2例とはまた別のかがり方です。
by atelieralde | 2010-12-15 01:23 | 製本Workshop

本を巡る:ルリユール工房の日々


by atelieralde
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31